揚げ物のコツ

揚げ物が上手に作れるようになれば、コワイものはありません!

ちょっとしたコツを覚えてしまいましょう。


〜鍋〜

厚手の鉄鍋が最適ですが、フライパンでも中華鍋でも作れます。厚手の方がいいのは、その方が、ネタを入れたときに油の温度が下がりにくく、下がっても戻りやすいからです。

深めの方が、周りを汚しにくいです。

大きさは、作る分量によりますが、プロのように大きな鍋である必要はありません。

こんな油切りをセットできると、余分な油を鍋に戻すことが出来て、カラッと揚がります。




〜油の温度〜

160〜180度が適温です。温度計がなくても、だいたいの温度を知る方法があります。天ぷらの衣を、油に一滴落としてみましょう。

底まで沈んで、浮かんでこないようなら、150度以下。まだまだ。

底まで沈んで、ゆっくり浮かんでくる、160度。

底まで行かずに、浮かんでくる、170〜180度、適温です。


青シソなど、色をきれいに残したい物や、じゃが芋、お餅などは、少し低めの160度で揚げると上手くいきます。

鶏の唐揚げなどは、170度。

その他、野菜や肉、魚類は180度で揚げます。



〜油の量〜

少な目の方が上手くいきます。ネタを入れると油の温度が下がりますが、油の量が少ない方が、元の温度に戻りやすいから、のようです。わたしは、だいたい3cmの深さで揚げています。途中、油が減ったら足します。

これぐらいの量の油であげものをすると、油を捨てることがほとんどなくなります。使い終わった油はこして、フタ付きの容器で保存して、炒め物をするときにも使います。次回揚げ物をするときは、新鮮な油を足して、また深さ3cmぐらいにします。


☆☆高野豆腐の磯辺揚げのレシピ
☆☆そら豆のかき揚げレシピ
☆☆最新レシピはこちら What's New!
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15724298
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク