あんこの作り方〜つぶあん

ときどき無性に食べたくなるあんこ‥‥甘すぎない、小豆の風味がするあんこが食べたい‥‥作っちゃいましょうね♪

azuki09.JPG

小豆は、国産のものを食べましょう。外国産でおいしい小豆に出会ったことがありません‥‥せっかく手間をかけるので、ここは国産小豆で行きましょう。今日は、地元産のおそろしく粒が細かくて美味しい小豆を煮てみます。

まず、お湯を沸かします。洗った小豆を入れて、5〜10分ぐらい煮ます。

anko001.JPG

すると、こんなふうに煮汁が紫色になりますから、捨てます。小豆のあく抜きですが、渋きりをする、と言います。この渋きりをていねいにしてから煮ると、上品な風味の良いあんこになります。

anko002.JPG

小豆を冷たい水で洗い、またお湯を沸かして同じように5〜10分ほど煮て、こぼして、2〜3回繰り返します。

小豆が古くなるほど、長く、繰り返し渋きりします。

あずきが、ほら、こんな風になっていれば渋きり成功です。

azuki06.JPG

azuki05.JPG

こんどこそ、本当に煮ます。

azuki07.JPG

かぶるぐらいの水で、沸騰したら弱火にして煮ます。途中、水が減ったら足しながら煮ます。

40分〜1時間ぐらいで、柔らかくなります。親指と小指でつまんで、簡単につぶれるぐらい柔らかくなっていたら、ひたひたぐらいに水を減らして、砂糖を3回に分けて入れながら煮ます。

砂糖は、氷砂糖か、ザラメ糖、グラニュー糖など、精製度の高い砂糖が向いています。2割ほどを和三盆糖に置き換えると、がぜん和菓子っぽく仕上がります。

azuki08.JPG

好みの固さ、好みの甘さになったら、そのまま冷ましてなじませます。

azuki10.JPG

これぐらいにして、そのままおやつに「ゆで小豆」としていただくのも♪くず餅入れたりして♪

鍋底からはがすようにしながら、焦がさないように、もう少し固く煮詰めて保存します。2〜3日で食べてしまうなら、あら熱がとれてから冷蔵庫へ。

すぐに食べない分は、ジプロックに入れて冷凍しましょう。

白玉団子なら、白玉粉があればすぐ作れますが、残りご飯があったら、ご飯のお団子でも。

パンにはさんで食べるのが、またおいしい〜♪

あんこの材料〜作りやすい分量

小豆‥‥‥‥‥300g
砂糖‥‥‥‥‥150〜300g


☆☆くず餅おしるこはこちら
☆☆残りご飯のだんごはこちら
☆☆ココナッツ豆腐と黒蜜の作り方はこちら
☆☆最新レシピはこちら What's New!
スポンサードリンク

この記事へのコメント
今日、おはぎを作ろうと思い

レシピを探してたどりつきました♪

小豆を煮るときの、水加減が良くわからず・・

すごく詳しく書いていただいていたので、ホントにたすかりました☆

これから買い物に行って、餡子から作ります♪

手作りおはぎ頑張ります♪
Posted by はる at 2010年03月19日 11:00
おいしいよ、また、食べだいよ
Posted by at 2015年12月02日 20:36
分かりやすくなっている!
Posted by at 2016年10月20日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15886360
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク