梅干しの作り方〜失敗なしレシピ

梅干しの、アバウトなわりに失敗しないレシピです。ご参考に。

umebosi 015.JPG

梅は、まず塩だけで漬けて、梅酢が上がったら重石をはずして赤シソを入れ、土用の頃、お天気のいい日にお天道様に干して、出来上がり。

赤シソを入れるかどうかは、お好みでどちらでも。

干すか干さないかも、お好みでどちらでも。干さなけりゃ梅干しじゃないじゃないか、って。でも、梅が柔らかいと、ザルにくっついて皮が破けちゃって、大きな練り梅状態に‥‥ガッカリするぐらいなら、干さないで出来上がり、にしちゃって大丈夫です。干さなかった梅漬けは、むしろジューシーでやわらかいです。

干した梅干しと、干さなかった梅干し(梅漬け?)は風味が違いますが、そこらへんはお好みでどうじょ。

梅は、真っ青なものではなく、少し黄色く熟したものを選びます。まだ青い梅だったら、ザルにでも広げて、1日か2日置いておきます。

umebo002.JPG

すっかり黄色くなるほど熟していると、干すときに皮が破けちゃう可能性大ですが、梅漬けにすれば大丈夫です。

umebo001.JPG

いい匂い、美味しそう〜♪

umebo003.JPG

梅は水に浸けてきれいに洗って、取りたかったらへたを取ります。水を切り、ボウルに移してから、全体に焼酎をコップに半分くらい振りかけてまぶし、焼酎は捨てます。

漬ける容器は、酸に強い焼き物の瓶か、ホーローの寸胴容器がいいでしょう。内側に焼酎を振りかけて、全体に回してからこぼしておきます。

umebo004.JPG
umebo005.JPG

塩を計り、だいたいふたつに分けておきます。梅にまぶす分と、梅の上にのせる分です。

焼酎で濡らしたふきんで拭いた、大きなお皿に、梅を一掴み並べます。まぶす分の塩を一掴みふりかけて、てのひらでコロコロとまぶしつけて、瓶に入れていきます。

umebo006.JPG

全部の梅をかめに入れたら、お皿に残った塩も瓶に入れます。上にのせる分の塩を上から振りかけます。

umebo007.JPG

焼酎で濡らしたふきんで、落としぶたを拭いてのせます。ちょうどいい大きさのお皿で代用出来ます。

umebo008.JPG

梅の重さと同じ重さの重石をのせます。これも、焼酎で濡らしたふきんで拭いておきます。もし、重石が傾いてしまうようなら、梅の位置を入れ替えたりして、ちょっと世話を焼きます。

ふたをして、涼しい日陰に置き、梅酢が上がるのを待ちます。翌日〜数日で梅酢が上がったら、梅酢から梅が顔を出さない程度の、軽い重石に取り替えます。ペットボトルに水を詰めたもので代用できます。

さあ、次は紫蘇に取り掛かります。

siso001.JPG

シソの葉をもいで、水でよく洗います。

siso002.JPG

一掴みずつボウルに入れて、塩(分量外)を振り、
siso003.JPG

よく揉みます。

siso004.JPG

揉んだら、水気をよく絞って、別の入れ物に入れていきます。

siso005.JPG

全部のシソを塩で揉み、水気を絞ったら、梅干しの入れ物から、梅酢をお玉に1杯取って、振りかけます。

siso007.JPG

siso006.JPG

一掴みずつ、固く絞ってから、梅干しの入れ物の梅の上に入れていきます。

siso008.JPG

シソを全部入れ終わったら、

siso009.JPG

また落としぶたをして、ふたを閉め、土用干しまで涼しい場所に置いておきます。

土用の頃、お天気のいい日を選んで土用干しをします。重ならないようにザルに広げて、紫蘇も一握りずつ絞って並べて、お日様にあてて干し、夕方に梅酢に戻す、を三日間繰り返します。連続じゃなくても大丈夫、二日間でも大丈夫。なんなら一日でも。干したての梅干しは、格別な美味しさです。

もし、土用干しはしないことにすると、土用干しの頃には食べられます。

どちらも半年ほどで、塩がなじんでもっとおいしくなります。


梅干しの材料

梅‥‥‥‥2kg
塩‥‥‥‥360g(18%)
赤紫蘇‥‥2把



☆☆梅ジュースはこちら
☆☆保存食のレシピはこちら☆☆What's New! 新着レシピはこちら

☆☆カオリウラシソを入れました
スポンサードリンク

この記事へのコメント
我が家はアパートの二階で干す所がありません

それでも我が家で梅漬けは、作れますか・・・
Posted by 緑の子 at 2009年06月06日 23:08
緑の子さん、いらっしゃいませ〜♪

ええもちろん!作れますとも〜!!
何もモンダイありませんヽ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )
小学校の教室でも漬けました♪

2kgほどの梅なら、手軽に漬けられますよ〜、
やってみるとあんがい簡単〜♪

案ずるより産むが易し、ですよ〜、
さぁ、チャレンジチャレンジ.+゜(・∀・)゜+.゜
Posted by chobi at 2009年06月07日 00:04
こんにちは。
入院中の母に代わって初めて梅干し作りをします。
こちらの作り方は分かりやすくて助かります。
頑張ってチャレンジしてみます。
ありがとうございます。
Posted by めぐみ at 2011年05月29日 13:55
chobi@管理人です^^

めぐみさん、いらっしゃいませ〜♪

がんばってチャレンジしてくださいね!

今年は梅が出回るのが遅く、
当地では、ようやく走りがお店に並び始めました。

地元産の梅が手に入ったら、ワタシも漬けます(・∀・)ノシ 
Posted by chobi at 2011年06月01日 20:13
初梅干作りに挑戦してみようと思います。
今日、自宅の裏山で梅を5キロほどとってきました。
まだ真っ青なので風通しの良い日陰で新聞紙に広げて少し熟すのを待っています。
こちらのサイトに準じて作ろうと思います。
まだうめ用カメを含め、塩や焼酎などなんにも買っていない状態です・・。おすすめの塩や焼酎があればおしえて下さいね。
Posted by もぐもぐうさぎ at 2011年06月06日 17:29
初梅干作りに挑戦します。
今日自宅の裏山から梅を5キロほどとってきました。まだ青梅なので新聞紙に広げてすこし熟すのを待とうと思います。こちらのサイトに準じてつけていこうかと思っています。
梅だけは取ったものの、梅をつける壺も、塩や焼酎も買っていません。お勧めのものがあれば教えてくださいね。
Posted by もぐ at 2011年06月06日 21:19
はじめまして
ひろ〜い敷地内に梅の木が何本もあり、今年は特に沢山採れまして  真面目に美味しい梅干、ジュース、梅酒、カリカリ漬けを作ろうと検索しましたら、こちらのサイトにたどり着きました。
失敗しないレシピお気に入りです。
いつもカビの生えるのを恐れ塩辛い梅干になってしまいます。今年は大成功間違いなしと思っています。
Posted by ノラ at 2011年06月07日 13:07
レシピ有難うございます!!
今から母とがんばって作ります♪
Posted by 梅子 at 2011年06月16日 21:37
初めまして
水に付けていた黄色いうめがまだらに茶色くなってしまいました
大丈夫でしょうか
Posted by ルル at 2011年06月19日 11:56
ルルさん、いらっしゃいませ〜

お返事遅れました、ゴメンナサイ。

水に浸けておいて茶色くなってしまった梅は、傷み始めています。

そうなってから漬けてもうまくいかないと思います、残念ながら‥‥水に浸ける必要はないようですよ、追熟したいのなら、ざるに広げておくといい具合になりますからお試しください。
Posted by chobi at 2011年06月30日 17:24
梅をつけて、6日目で、冷蔵庫に入れてるんですが まだ、梅酢ができて来ないのですが、何日目くらいから、できはじめますか?
Posted by さゆり at 2012年06月17日 00:55
さゆりさん、いらっしゃいませ♪

えっと、冷蔵庫に入れてるんですか?
重しはどれくらい載せていますか?

最初は梅と同じくらいの目方の重しを載せて、
遅くとも一週間もすれば梅にかぶるぐらい梅酢ができます、
そうなったら、重しを軽くしてあげましょう。

冷蔵庫には入れなくてもだいじょうぶじゃないかな?

Posted by chobi at 2012年06月17日 08:51
ホントのホントの初心者です。
ただ今、梅を漬け込んでから暗所に置いて1週間です。
水(梅酢のこと?)が上がって来ました。
最初なので市販の袋入りの赤シソを買ってきました。
そこには「余分な梅酢を抜き」と書いてありまが、紫蘇を入れるときに水を全て捨ててしまうのですか?
Posted by エリ- at 2013年07月08日 20:30
エリーさん、コメント見落としてましたごめんなさい!

紫蘇を加える前の白梅酢を、清潔な瓶に取り分けておくといいですよ〜。

わたしは、たっぷりの水にちょっぴり加えて持ち歩きます。汗をかいたときに飲むととても美味しくて、夏バテ予防にもなります。

キュウリを刻んで、白梅酢をちらりとかけて揉むのもウマイですよ〜♪
Posted by chobi at 2013年07月21日 09:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16542398
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク