なんばん味噌の作り方〜かぐらなんばんで

かぐらなんばん、というのは、越後の特産野菜のひとつです。ピーマンやシシトウの仲間で、とても辛い野菜です。
中越震災のとき、全村避難した山古志の人たちの中に、このかぐらなんばんの種を握って避難した人がいらっしゃったそうです。その山古志産のかぐらなんばんを味噌炒めにしました。

kagurananban08.JPG

これが、かぐらなんばんです。でこぼこした形が、神楽のお獅子の頭のようだというので、「かぐらなんばん」という名前がついたそうです。

kagurananban07.JPG

なにしろ辛いので、刻むときはゴム手袋をした方がいいと思います。素手で刻んで、後でうっかり目を触ったりすると大変です。男性なら、しばらくトイレに行けません‥‥

とくに辛いのは、種と、種の周りのワタの部分ですから、辛いのが苦手なら、種とワタは取ってしまいましょう。辛いのがお好きなら、種もワタも一緒にどうぞ。

まず、かぐらなんばんを細かく刻みます。

青シソと生姜も、細かく刻んでおきます。

フライパンを熱くして油を引き、中火でかぐらなんばんと生姜を炒めます。フライパンから立ちのぼる湯気を吸い込むと喉にきます!目にもきます!炒めるときに、フライパンの上に顔を出さないように気をつけましょう。

しんなりしたら、みりんと、味噌と、砂糖で味付けをして、全体がなじんだら刻んでおいた青シソを混ぜて、ぽってりするまで炒めたら出来上がり〜♪

そのままご飯にのせて食べたり、茄子を揚げてからめたり、厚揚げを焼いて添えたり、おにぎりに入れたりすると、辛くておいしい〜♪


なんばん味噌


かぐらなんばん‥‥‥4個
青シソ‥‥‥‥‥‥‥30枚
生姜‥‥‥‥‥‥‥‥1片
みりん‥‥‥‥‥‥‥大さじ2
味噌‥‥‥‥‥‥‥‥1/2カップ弱
砂糖‥‥‥‥‥‥‥‥大さじ1



☆☆茄子の大トロ〜越の丸茄子はこちら

☆☆ほかの夏野菜レシピはこちら
☆☆What's New! 新着レシピはこちら
スポンサードリンク

この記事へのコメント
長岡在住です。かぐら南蛮もらったので、レシピみさせてもらいました。おいしかったです。一回目はなんばんが辛くなくて2回目はからかった〜。
だんなが作りました。
Posted by at 2011年09月25日 17:25
参考になってヨカッタです!
今年バージョンは、なすの刻んだのも一緒に炒めて、
辛さを軽減する方向に進化しました^^
Posted by chobi at 2011年09月27日 23:26
今度、なんばん味噌のレシピを作ってみまーす。
Posted by ウチヤマ2 at 2012年02月05日 01:51
私は北海道に住んでいる者です。市内のス−パ−で、かぐらなんばんの苗を売っていましたがとても珍しいとのことで気になっていたのですが一部でしか作られていないとの理由で納得です。今年は苗を買い求めなかったので店頭に品物が並んだときに買って食べてみたいと思います。
Posted by tamako at 2012年06月18日 06:16
tamakoさん、北海道にも苗が!
それはそうとうレアものだと思います♪

このごろは、しょっちゅう山古志へ行くんですが、
かぐらなんばんは、夏の盛りから秋にかけて
ずいぶん長い間「新鮮野菜直売所」に並びます。

北海道でもうまく育つんじゃないかな?
来年は植えてみてください^^



Posted by chobi at 2012年06月18日 08:36
早々に返事を頂きまして有り難うございます。かぐらなんばんですが一日置き位で店頭に並びそうです。まだ沢山は収穫出来ないのですね〜と、それより何故貴重な野菜が北海道の田舎のス−パ−で売られているのか気になっていたので問い合わせてみたところネットでタネを購入したそうです。ピ−マンの様な独特のニオイもなく青臭さもなく南蛮のような辛さもなく食べやすいのでピ−マン嫌いの子供さんにも食べていただけるのでは?とのことですが本当にかぐらなんばん?本当に辛くない?大丈夫?と気になっているところです。
Posted by tamako at 2012年06月19日 12:14
tamakoさーん、辛くないんですか???

えーと、じゃあ、かぐらなんばんではないんじゃないかな、
たぶん。

こちらのかぐらなんばんとは種類が違うのかな?

山古志のかぐらなんばんは、
刻んでると汗が噴き出す辛さ!!ですよ^^

細く切って甘みのある野菜、玉ねぎなどとかき揚げにするのも
とーっても美味しいです。

でも、それでもやっぱり子供は食べられないかな〜^^;

山古志のとは違うかぐらなばん、ってことですよ、きっと。







Posted by chobi at 2012年06月19日 20:56
ですよね〜私もまだ買えなくて食べていないのですが・・・・・怪しいと思っています。ネットでタネを取り寄せたそうなのでヤッパリ本場山古志村のかぐらなんばんとは違う物ではないかと〜思います。ところでたまたまこのホ−ムペ−ジを見つけたのですが今までにも色々な料理のレシピを書かれているのですね〜手軽で美味しそうな料理が沢山ありましたのでこれから私も作らせていただきます。これからもレシピを楽しく拝見させて頂きますので宜しくお願いします。
Posted by tamako at 2012年06月19日 21:30
tamakoさん、そうですよね〜

たぶん、別物ではないかと^^

どんなのがなるのか、ちょっと見てみたい気もする♪

食べてみたら激辛だったりして?!

それでなくても、ピーマンとかシシトウとか
あそこらへんの仲間たちは見た目で辛さがワカラナイ
危険な仲間たち^^;

また遊びに来てくださいね〜!
Posted by chobi at 2012年06月19日 22:20
こんにちわ、はじめまして!
新潟の知人宅を尋ねたら、この「かぐらなんばん」を育てているとのことで沢山頂いたので、こちらを参考にかぐらなんばん味噌にしてみました。
(*´∀`*)辛くてご飯が進みます♪おいしいですね〜!
中々他の地方では手に入らないのが惜しまれますね。
Posted by ぽんぱ at 2012年08月31日 13:27
ぽんぱさん、いらっしゃいませ〜

ホントご飯が進みますよね^^

食べきれなかったら冷凍にしとくと
晩ご飯の直前に「何か一品たりない」ってときにも重宝ですよ♪

Posted by chobi at 2012年09月04日 14:50
品物より送料が高いですね。しょうがないことですが、都内に直販店があれば良いです。
Posted by 信ちゃん at 2016年06月24日 03:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19100423
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク