もつ煮込みの作り方

もつ煮込みは、その昔、お肉屋さんの奥さんに教えてもらいました。あんまり柔らかくなる
まで煮ないで、少し歯ごたえがあるのが好き♪

motunikomi09.JPG
もつは、茹でて下処理がしてあるのを買ってきます。

まず、もつをもう一度下茹でします。たっぷりの水ともつを鍋に入れて火にかけ、15分ほど沸騰させてからザルにあけて水洗い。大きかったら食べやすく切ります。

もつ以外には、大根、ゴボウ、コンニャクが入ります。人参を入れると甘くなるので入れませんが、お好きな方は人参もどうぞ〜。

もつの下茹でをしながら、大根やゴボウを切ります。コンニャクは塩で揉み、洗ってちぎっておきます。

ニンニクとショウガは、厚めの薄切りにしておきます。

もつの下茹でが終わったら、もつと他の具、ニンニク、しょうがも全部鍋に入れ、日本酒をカップ半分入れて、かぶるぐらいに水を注いで火にかけます。

沸騰したら弱火にして、味噌を出来上がりの半分ぐらいの塩加減になるまで入れます。アクを取りながら煮ていきます。

30分ほどで、もつの歯ごたえが残った出来上がりになります。柔らかいのがお好みなら1時間ほど煮込みます。仕上げに味噌をちょうどいいぐらいに足して火を止めます。

一度冷ますと、味が染み込んでもっと美味しくなります。

刻みネギと、韓国唐辛子をふって、いただきます♪


もつ煮込み〜2人分

もつ‥‥‥‥200g
大根‥‥‥‥もつと同じくらい
ゴボウ‥‥‥細いの1本
コンニャク‥1/2枚
ニンニク‥‥1片
ショウガ‥‥ニンニクの倍ぐらい
日本酒‥‥‥カップ1/2
味噌‥‥‥‥適量

ネギ、韓国唐辛子粉‥‥適量


☆☆ほかのスープはこちら
☆☆ほかのつまみはこちら
☆☆What's New! 新着レシピはこちら
スポンサードリンク

この記事へのコメント
こうして家庭でつくれるって尊敬します☆
↓参考にしている本 どれもいいですね!
最近 「新米主婦なっちゃんへ」という本がでました。 知人の友人なので私も手にとりましたが、 chobiさんみたいにお食事を上手につくる方です。  本やさんでよかったらみてみてください。  素材についての小話が添えられています。
Posted by at 2008年11月20日 12:02
尊敬だなんて、大げさです(*^_^*)単純に食いしんぼなんだと思います。
いつも、自分が食べたいものだけ作ってます(^^;
でも、どうもありがとう〜。

「新米主婦のなっちゃんへ」注文しちゃいました!
だって、この本、美味しそうなニオイがするんだもの〜!!
きっと美味しいレシピが詰まっているに違いない。
ワタシは鼻がイイのだ〜♪
Posted by chobi at 2008年11月20日 14:16
こんばんわ!ニックスです^^
こんにゃくを塩でもむんですか!なるほど〜。
温かいモツ煮は、最高ですね!ゴボウがまた美味しいんですよね。考えただけでも幸せな気分です。
応援ポチです。
Posted by ニックス at 2008年11月20日 23:35
ニックスさん、寒くなりましたから、モツ煮で暖まりましょう!
冬は、おいしくてあったかいもの食べるのが、一番幸せですよね〜!
Posted by chobi at 2008年11月20日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23097334
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク