身欠きニシンと昆布の煮物〜昆布巻きより簡単

身欠きニシンを柔らかく煮て、結び昆布と煮て、美味しい煮汁は車麩に吸ってもらいます。
昆布巻きを作るのは大変だけど、これなら簡単。
とうぜん、車麩が一番おいしい〜♪

nisinkobu15.JPG
身欠きニシンは、半生干しの、ソフト身欠きニシン?を使います。適当に切って圧力鍋に入れ、ひたひたに水を注いで火にかけます。シューってなってから、シュッシュッと重りが回る程度の火加減で、15分。圧力が抜けるのを待ちます。

車麩は、たっぷりの水(急ぐときはぬるま湯)でよく戻して、四つ割りにして水気を絞り、油で揚げておきます。水気の絞り具合が肝心で、絞りすぎては油を吸い込みすぎてしまうし、絞りが甘いと、揚げるときに油がはねてキケンです。両手のひらではさんで、ギューッという感じです。外側がカリッとするぐらいに揚げます。

煮物用の早煮え昆布で、結び昆布を作ります。べつに結んでなくてもいいんだけど、この方がご馳走っぽいでしょ♪

昆布はさっと水で洗って、ざるにでものせておきます。結べるぐらい柔らかくなったら、端から結んで、

nisinkobu13.JPG

切ります。

nisinkobu14.JPG

こんな風に。
もし、昆布の幅が広かったら、幅をふたつに裂いてから結びます。あんまり結び目が大きいと、なかなか煮えないから。

ニシンの鍋に、結び昆布を加えて、みりんとお醤油で薄めに味付けします。落としぶたをして、ふたたび圧力鍋でシューッと5分、昆布が柔らかくなるまで煮ます。

昆布が柔らかくなったら、ニシンと昆布をお皿に取りだし、残った煮汁の味を見ながら、同量ぐらいのお湯を入れて薄めます。そこへ揚げておいた車麩を加えて、一煮立ちさせて冷まします。

全部をお皿に盛りつけて、召し上がれ〜♪


ニシンと昆布の煮物〜作りやすい分量

ソフト身欠きニシン‥‥‥4枚
早煮え昆布‥‥‥‥‥‥‥2〜3本
車麩‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥大判5枚

醤油‥‥‥‥カップ1/4
みりん‥‥‥カップ1/4


☆☆魚料理のレシピはこちら

☆☆乾物のレシピはこちら
☆☆What's New! 新着レシピはこちら
スポンサードリンク

この記事へのコメント
こんにちは!はじめまして。
このレシピをもとに、私も作ってみました。
トラバさせてもらいますね〜。
Posted by さかなやさん at 2010年01月09日 17:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23635528
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

2010年お正月【身欠きにしんと昆布の煮物】
Excerpt: にしん入の昆布巻のかわりに、結び昆布と身欠きにしんの煮物にしました。このほうが簡単だしねっ!身欠きにしんと昆布の煮物【材料と下ごしらえ】 ■身欠きニシン(6分乾)…6枚 ⇒長さを3等分にし、ぬるま湯で..
Weblog: おいしい魚屋さん
Tracked: 2010-01-09 17:52
スポンサードリンク